頭皮をたたくのはよくない

ハゲの治療を行う際に、頭皮をたたくのは良くありません。これは血行を促進するどころか、毛細血管に対してダメージを与えてしまい、髪の毛の生えてくる細胞に対して栄養素が上手く送られなくなってしまうからです。そのため出来る限り外部からの刺激を最小限にすることが必要なのです。 ハゲてしまう原因に、頭皮の血行不良があります。血液の流れが悪くなってしまうと、細胞に対して栄養素や酸素が送られなくなってしまいます。その結果、丈夫な髪の毛を作る環境が悪くなってしまい、徐々に髪の毛が薄くなってしまい、最終的にはハゲてしまうのです。そのため育毛や発毛においては、血液の流れを良くすることが大切なのです。 ハゲの解消方法で、たたくという方法が行われることがありますが、これは頭を刺激することで、血液の流れを促進させることを目的とします。しかし実際には、このような手段で血行が促進されるどころか、逆効果になってしまう可能性があるのです。 血行だけで見れば、頭に刺激を与えることで、血行を促進することが出来るかもしれませんが、育毛にとって大切なことは、毛細血管です。血管の中でも、毛細血管は髪の毛の細胞に対して栄養素を送る働きがあり、特に重要な血管となります。しかし、この毛細血管は、外部からの刺激にとても弱いのです。そのため頭皮をたたくことにより、一時的に血液の流れが良くなるとしても、毛細血管に対してダメージを与えてしまい、毛細血管を破壊してしまうことになります。その結果髪の毛に栄養が送られなくなってしまい、ハゲてしまう原因になるのです。 ハゲを改善するためにこのような手段をしてしまうことは、毛細血管に良くないのです。またさらにたたく強さがあまりにも強くなってしまうと、炎症を引き起こしてしまう場合があります。炎症が起きると、頭皮のコンディションは悪くなってしまい、より一層髪の毛が生えて来ない状態になってしまうのです。そのためハゲてしまわないためには、出来る限りダメージを与えないことが必要になります。