医学的に認められている薬

アレルギー等が原因の急性の症状は例外ですが、ハゲという状態になるのは徐々に進行するのが一般的です。正常な状態であれば、男性の頭髪は3年から5年、女性の頭髪は4年から6年で寿命を迎えます。ところが何らかのトラブルが生じた場合には、寿命を迎える前に途中で抜け落ちてしまいます。途中で抜け落ちてしまう頭髪が占める割合が多くなると全体量が不足するようになり、薄毛となってしまう事になります。 男性の場合はAGAという症状が大部分を占めており、テストステロンという男性ホルモンをサポートするために生産されるDHTが原因です。DHTは皮脂の分泌量を増加させるという作用を持つ物質で、額からてっぺんにかけての部分の毛根に特に強い影響を及ぼします。毛根は皮脂により塞がれてしまうので、寿命を迎える前に抜けてしまいやすくなります。このためにAGAの抜け毛は、短い毛や細い毛が占める割合が高くなっています。 皮脂による影響を長期間受けた毛根は、やがて機能しなくなり頭髪を作りだす事も出来なくなります。額からてっぺんの部分が薄毛となり、やがてハゲてしまうのがAGAの特徴です。DHTという体内で生産された物質が原因の症状であり、長い間改善する事が出来ませんでした。皮脂により毛根は絶えず攻撃されているので、育毛剤を使用しても思う様な改善は期待する事が出来なかったのです。 AGAの治療薬は、DHTによる症状である前立腺肥大の治療薬として開発されたものです。DHTの生産に関係している還元酵素を阻害するという内容であり、頭髪に直接作用する成分は配合されていません。DHTの生産が抑制される事により、その作用である皮脂の過剰分泌も抑制されます。頭髪は成長を妨害されなくなり、寿命を迎えるまで成長を続けることになります。医学的に効果が認められている治療薬であり、AGAを改善するために世界中で使用されています。ハゲに働きかけるのではなく、ハゲの原因物質が作りだされるのを防ぐ事を目的とした治療薬です。