ハゲ!!BLOG

病気でハゲになることある?

[ 2014.07.04 ]

頭皮が露出するハゲとなる可能性は、男性の場合は年齢を重ねるごとに徐々に高くなっていきます。男性的な特徴を形成する役割を持っているテストステロンという男性ホルモンの分泌量が低下してしまうからです。テストステロンが不足するとサポートするために一部がDHTという物質に変換されてしまいます。このDHTは、皮脂の分泌量を過剰な状態に変えるという作用を持っており、頭髪の成長を妨害します。ハゲる前に皮脂が増加するのは、この物質が原因です。 テストステロンをDHTに変換する還元酵素は、頭頂部から生え際にかけての毛根に分布している種類があります。この部分にDHTが生産されてしまうので、頭髪の成長が抑制されます。毛根が皮脂により塞がれてしまうので、成長を続けられなくなり寿命を迎えるまでに抜けるようになります。ハゲる前には、洗髪時に短い毛や細い毛の抜ける割合が多くなったり前髪やつむじ周りの頭髪が中々伸びなくなったりという現象が起きるようになります。これは、DHTにより成長が抑制されているのが原因です。 皮脂により毛根には汚れが溜まりやすくなり、やがて塞がってしまいます。頭髪は毛根の奥にある毛母細胞が分裂して新しく作られるのですが、毛根が機能しなくなり作られなくなります。こうして、薄毛からハゲへと症状は進行します。このDHTが原因の症状はAGAと呼ばれており、既に治療薬が開発されています。 この治療薬は、頭頂部から生え際にかけての毛根に分布している還元酵素に働きかけるという内容です。DHTが作りだされなくなるので、皮脂の分泌量も正常な状態へと変化します。毛根は皮脂により塞がれなくなるので、途中で抜け落ちることなく寿命を迎えるまで成長する様になります。ハゲから薄毛へ、さらに正常な頭髪に回復していきます。完全にハゲる前に使用すれば、かなりの効果を期待できます。 ただし、あまりにも時間が経過した場合は回復することはありません。機能しなくなった毛根を復活させる治療薬ではないからです。ハゲる前に使用することが、回復するための条件です。

抗がん剤治療で髪が抜けるがその後生えてくる

[ 2014.07.04 ]

現代人の多くがかかる病気の一つとして知られている癌ですが、その治療には抗癌剤治療が欠かせません。 抗癌剤治療では身体のだるさや吐き気などといった辛い副作用がありますが、そのなかでも髪の毛が抜けてしまうという副作用はあらゆる人にでるといってもよいでしょう。辛い思いをして、さらにハゲてしまうというのはなんとも言えないものです。私自身も「抗がん剤治療だけで体力的にも辛いのに、さらにハゲてしまうという精神的苦痛も味わわなくてはいけないなんて」とかなり悲観的になりました。 実際、抗癌剤治療がすすんでくると、驚くほど髪が抜け落ちてしまい、どんどんハゲてきてしまいました。それもツルツルのハゲになるのですから、なんとも悲しいものです。私自身もそうですが周囲の抗癌剤治療中の方は、ハゲが気になってかつらをかぶったり、帽子をかぶったり、バンダナを巻いたりして過ごしていました。 しかし治療が終わって体力が戻ってくると同時に、また髪の毛は生えてきました。それをみると「ああ。自分は癌に勝てたんだ」と誇らしくすら思えてたものです。抗癌剤によるハゲは、あくまで一時的なものですから、あまり気にせずに治療に専念しましょう!

孫さんの名言 髪の毛が後退しているのではない私が前進しているのだ

[ 2014.07.04 ]

世間的には「ハゲ」と呼ばれることを恥ずかしいと考えている人は沢山います。できるならハゲたくなかった…そう思っている人も沢山いるかもしれません。しかしながらそれと同じくらい「ハゲと呼ばれても気にしない」という方もいるのではないでしょうか。 あの世界的に有名な社長として知られる孫さんもそんな一人なのではないでしょうか。愛称がハゲといわれているくらいですから、ある程度の開き直りは当然あることでしょう。そもそも孫さんくらい高収入であれば、ありとあらゆる方法を試してハゲからの脱出をはかれるはずでしょうが、それをしないというところからもハゲを問題としていない姿勢が伺えます。 そんな孫さんの名言として名高いのが、「髪の毛が後退しているのではない。私が前進してるのだ」というツイートです! これに勇気づけられたハゲ諸君はなんと多いことでしょうか。 そう!私たちがハゲているのは、男性ホルモンのせいでも、遺伝のせいでも、ましてやスカルプケアの問題ではないのです。 ひとえに「前向きかつ行動的であるが故の」出来事なのです。 これからも胸を張って前向きに生きていきましょう!